冴えない社会人の恋人探しの旅

名古屋で働くサラリーマンの徒然日記。雑記多め。再び非モテに堕ちた男の逆襲が始まる

【いきなりデート②】ハイスペを追い求めてリベンジマッチ

以前、いきなりデートのレポを投稿したところ
かなり好評だった。



前回の記事はこちら↓

kakusyakaijin.hatenadiary.jp




アクセスが伸びたのは勿論のこと、
実際に僕の招待コードを利用して戦地へと向かった
猛者が4名もいた。


※うち、1名の読者からは彼女ができたと報告を
頂きました。おめどうございます!


今なら、招待コードを使ってアプリ登録すると
お互い1回無料でデートできます。
※飲食代はかかります。


招待コード

9crjj



手にいれた招待特典のデートチケットを使用して
再びマッチング&出会ってきた。


f:id:chansou7878:20200211223022j:plain



マッチング相手は26歳。
職業は金融 総合職。



ほお。


これはまたハイスペックの臭いがするね。


金融の総合職ってことなそこそこ給料いいだろうし
見た目も悪くないんじゃね。



ドキドキと期待を胸にお店へと向かう。
※店は前回と同じだった。



12時から開始とのことで
11時55分に店に入っておく。


相手はまだ来ていない。


席に座り相手を待つことに。


すると、開始時刻を少し過ぎたぐらいに
相手からメッセージが。



『お店の近くにいます。』



え?なんで近くにいるのに入ってこないの?
このアプリって店で待ち合わせが基本だよね?
そういうルールだよね?
予定通りに始まらないとお店にも迷惑じゃない。


早速の違和感に戸惑うも、心を落ち着かす。
今日は紳士に振る舞うのだ。


『既に店に着いてますよ』とメッセージを返す。


5分後、遅刻したことを悪ぶれる様子もなく
彼女は現れた。


会った瞬間の感想を話そう。



「あーやっちまったぜ。。」


f:id:chansou7878:20200211223348p:plain


目の前にやってきたのは
如何にもモテなさそうな地味な女性。


以下野口さんとしておこう。


f:id:chansou7878:20200211223418p:plain


前回とのギャップに顔を引き釣りそうになるも
酷いと思ってるのはお互い様かもしれないからと
自分に暗示をかけ、心を沈めて話しかける。



「コンニチワ。オナカヘッテマスカ。」



あかんあかん。全く感情がない話し方になる。


なんとか軌道修正し、仕事や趣味の話をする。


金融の総合職と記載していたものの
小さい保険会社の管理部門だった。
(それ総合職って言えるの?)


仕事も趣味の話しも全くつまらなかったので
アプリの話について聞く。


野口さんは今まで2人ほど会ったそうで、
今度どちらとも合コンをする予定だそうだ。


話を聞く感じ、2人とも大企業に勤める
ハイスペックマンらしい。


正直付き合えるかというと微妙なレベルだけど
合コンならいいかなと思ってOKしたとか誇らしげに話していたが、


「それ、相手は君がブスだったから代わりに
可愛い子連れてくるのを期待してるだけやで」


口から本音が出そうになるのを必死にこらえた。


その後も彼女は理想の相手や今までモテた
エピソードを聞いてもないのに語り始める。


多分彼女はプライドが高く、自己評価が高い。


若い頃はそれでモテたかもしれないが
20後半になるとそうもいかないだろ、、、


その自信の表れはどこから来るんだ、、、



段々と可哀想に思えてきた。

f:id:chansou7878:20200211225344j:plain


その後も彼女のマシンガントークは続く。


・業務の愚痴
・上司の愚痴
・友達の愚痴



あー。もうね。早く帰りたい。



初対面でこういう会話ってNGだと思うんですよ。



特にこのアプリでの出会いだと事前やり取りが
ないため、お互いの信頼関係もできていない。


ある程度打ち解けてからじゃないと
めんどくさい奴と思われる。


僕は疲れたよ。


死んだ目をしながら1時間半のマシンガントーク
耐え、店を出る。


めんどくさいので、全額奢りました。
(野口さんが勝手にドリンクをおかわりしたので4千円ぐらいした。。)


店を出てから、この後どうする?的な雰囲気を
出してきたので、用事があると適当に理由をつけ
店前解散にした。



LINEは交換したものの、此方からも相手からも
特にメッセージをすることはなかった。


いきなりデートはある程度女性の質が保たれている
かなと思っていたが、そうでもなかった。
やはり色んな女性がいる。


相手に期待しすぎたことを後悔するとともに
無駄な時間とお金を過ごしてしまったことに
凹みながら帰路に着いた。