冴えない社会人の恋人探しの旅

名古屋で働くサラリーマンの徒然日記。雑記多め。再び非モテに堕ちた男の逆襲が始まる

【いきなりデート③】年上女性とのマッチング

前回に引き続きいきなりデートに行ってきた。



いきなりデートの記事はこちら↓

1回目
kakusyakaijin.hatenadiary.jp

2回目
kakusyakaijin.hatenadiary.jp




今なら、招待コードを使ってアプリ登録すると
お互い1回無料でデートできます。
※飲食代はかかります。



招待コード

9crjj




懲りずに招待チケットを利用して
再び女性とマッチング。



28歳 美容関係



いきなりデートで初めての歳上とのアポ。



というかお相手さん、
僕が歳下なのによくデート了承したね。



(大抵の歳上女性はマッチング後すぐにデートキャンセルされます。)



地元が近いという共通点があったので
そういう部分で興味を持ってくれたのか。



12時からのアポのため、
5分前にはお店に到着。



今日のお店はこちら。


LUAU Aloha Table with Gala Banquet

www.hotpepper.jp



ハワイアンのお店です。
ロコモコ丼が有名なところらしい。



2階は広く、雰囲気もお洒落で良かったです。
若干、隣との席が近いのが気になるかな。。



メニューを見て待っていると
12時ジャストにお相手が現れた。
時間通りに来てくれるのは好評価。




さあ、女性の見た目は、、、、、











ザ・普通。




可もなく不可もなく。
ただ決して美人ではなかった。


前回に比べたら当たりの部類に入るのかなあ。



大家志津香にほんの少しだけ似てたので
以下しづかさんとする。
【歳上なので“さん” 付けにする】


f:id:chansou7878:20200216155123j:plain


しづかさんはエステティシャンをやっているらしく
今年自分の店を開店する予定だそうだ。



今は、6年間続けていた店の仕事と自分の店の開店作業の準備でほぼダブルワークのような生活を
送っているらしい。



こちとら独立や起業に全く興味のない
雇われサラリーマンなので彼女の意識の高さに
感心しながら話を聞いていた。



料理が来てからも話は止まらない。



『こんなに頑張ってる私、すごいでしょ?』
と言わんばかりの苦労話のマシンガントーク
少しずつ疲れてきた。


それどころか
店を出店するための資格とか許可証関係について
話をされても、こちらが知るわけもない。


すると「そんなことも知らないんだ」と馬鹿にしたような言い方をされて、内心イラッとした。


マルチ商法や勧誘系の女性ではなかったものの
自己顕示欲が強く、他人を見下す傾向がある女性。



僕が苦手な相手だ。



悪いけれども、そういう性格の人は
人生で損をすることになると思う。
(美人を除く)


前回の女性と同様に若い頃は
ちやほやされてきたんだと思う。



実際に20代前半はモテたらしい



でも貴方、今何歳やねん。


昔のようにちやほやしてくれると思うなよ。



そう心の中で呟きながら
話を適当に聞き流す。



その後も趣味の話や今までいきなりデートで出会ってきた男の話を一方的にされた。



どの話も愚痴ばかりでつまらなかった。



こちらに対しての質問がないということは
僕に対して全く興味がないのだろう。


自分のことを棚に上げるつもりは毛頭ない。
イケメンではないし、身長も高くない。


理想の相手じゃなくてごめんなさいね。






退店の時間になる。




伝票を持ってレジでお会計をしようとする。



普段僕は奢る派ではあるのだが、
歳上だし、お互い興味がないから割り勘でも
いいかなと思って、しづかさんを見た。



すると千円札を財布から取り出すフリをしながら
こちらを強烈に睨み付けてくる鬼がいた。



「奢れよ」という目つきがマジでこわかった。

(胸元に潜ませた銃で脅されてる感じを想像してほしい。)


f:id:chansou7878:20200216160052j:plain



流石に怯んだ僕は奢ることにした。



レジのお姉さんとふと目が合う。



お姉さんも苦笑いを浮かべていた。



きっとこの状況を理解してくれたらしい。



最後までしづかさんから感謝の言葉はなかった。



駅まで一緒に歩いて解散。
連絡先は交換せず。




結果としては2回連続でハズレくじを引いた。
(多分向こうも同じことを思ってるw)



ま、こんなもんですよね。無料だし。




1回目の相手が良すぎた。



次こそ素敵な女性とマッチングすることを
切に願ってデート募集のガチャを回そう。



旅はまだまだ続くよ。