冴えない社会人の恋人探しの旅

名古屋で働くサラリーマンの徒然日記。雑記多め。再び非モテに堕ちた男の逆襲が始まる

髭脱毛をしたら毎朝のQOLが爆上がりした。

雑記。



モテるための見た目改善シリーズ第3回。



第1回と2回はこちら。

kakusyakaijin.hatenadiary.jp


kakusyakaijin.hatenadiary.jp



体重を落として、筋肉もついた。
肌もこんがり焼けた。



次はなにをやろうか。




そんなとき、
のどごしさんのブログを見て、
髭脱毛について知った。


nodogoshi.hatenablog.com



僕は昔から髭が濃く、
朝剃っても昼過ぎには青髭になってしまうのが
非常に恥ずかしい。


また、肌が非常に弱いため、
カミソリ負けをすることも多かった。


毎朝髭を剃ること自体が本当に無駄な時間だと思ったので思いきって脱毛を決心した。

f:id:chansou7878:20190911223930j:plain


名古屋市内のクリニック調べたが
費用や施術範囲などの面から
ドクターコバ 名古屋院に通うことにした。
(さまざまなクリニックがあるので、しっかりと調べてみることをお勧めします)


www.kobayashi-seikei.jp


すぐにメールフォームからポチポチ予約。



ドクターコバ名古屋院は栄駅から徒歩約5分
少しわかりづらいが、
サカエ東栄ビルの4階にある。
エレベーター使わないと上がれません。


f:id:chansou7878:20190911223729j:plain


整形外科なんて通ったことがないから
ビクビクしながら受付へ。



ドクターコバはビザリアという美容外科
併設されているので、待合室には女性が沢山。



脱毛やピアス穴あけ目的がほとんどだと思うけど
女性って色々大変なんだなと改めて同情した。



ドSそうな女医さんに脱毛の注意点などを
説明してもらい、コースを決める。



事前に調べてもいたが、完全に脱毛するには
8回~10回の施術が必要らしい。



僕は無制限髭脱毛コースにした
(5回コース、6回目以降は予約料金100円のみで通い放題)

www.kobayashi-seikei.jp



一括払いで税抜99,000円也。



髭剃りの時間がなくなることを考えれば
まあ安い。


ちなみに6ヶ月集中コースなので半年の間に5回を
通いきれないと以降の予約はできないそうです。
検討される方は要注意。



カウンセリングが終わりいよいよ施術に。



顔によく分からないジェルを塗りたくったあと、
レーザーを顔の細部に当てていく。



バチッという音と共に輪ゴムで弾かれたかのような激痛が走る。



噂には聞いていたが、なかなか痛い(;o;)


ただし、全然我慢できる程の痛みだった。
※これが後々の後悔に繋がる。。。



1回目の脱毛が一番髭が濃い状態なので
痛みが強いらしい。



施術自体は30分で終了。



顔が少し赤くなるため、氷で冷やす。
人によっては真っ赤に腫れるらしい。



1回目の脱毛が終了。




脱毛後、8日間ぐらいは髭が柔らかくなり
不精髭の様に逆に濃い状態が続いた。


そこから段々と髭が抜け始め、
脱毛後2週間が経つと肌がツルツルに。



髭剃りの必要がなくなっただけでなく、
周りから肌が綺麗になったねと
褒められことが増えた。



単純に髭反りの時間(大体5分ぐらい)が
ショートカットできたので、
朝ドタバタすることもなくなった。



1回目の施術から1か月後に2回目の施術。

髭が薄くなってきたからか全然痛くなかった。



2回目の施術から1ヶ月半後に3回目の施術。

周期的に毛が完全に生え変わり、以前の脱毛では
対処できていない濃い髭が生えていた。



痛みに慣れたし、脱毛を早く終わらしたいので
思いきって出力を上げることに。
※伏線の回収


確か10Jを11Jに上げた。


この決断が大きな後悔を
生むことになる。


いつも通りにジェルを塗ってレーザーを当てる。





バゥアチィィンッ!!


!?



今まで感じたことのない激痛が走り、
思わず体が反応して上下に揺れる。


なんだこの痛みは。


レーザーを押し付けられる度に
激痛に耐え続ける30分が始まった。



それはまるで拷問だった。



誰だよ!1回目が1番痛いって言った奴!
心の中で叫んだ。


すぐにでも止めてほしかったが、
男のプライドが邪魔をする。


歯を食い縛り、涙を流し体をくれりながら
痛みに耐えるその姿は周りから見れば
かなり滑稽だったと思う。


途中で施術してくれるお姉さんが
大丈夫ですかー?と全く気持ちが籠っていない声で
心配してくれたが、頷くことしかできなかった。


早く終わってくれ。早く終わってくれと
何回念じただろうか。


やっと施術が終わる。
鏡を見ると僕の顔は赤く腫れ上がっていた。


しっかりとアイシングをしたことで、
なんとか赤みや腫れは収まったが、
人前に出れる状態ではない。


マスクが必要だった。


そのままコンビニでマスクを購入し、
やつれた表情で帰路についた。



とまあ、こんな感じで3回の施術が終了。


痛いのは本当に辛いし、お金もかかるけど、
QOLが上がるのは間違いありませんし、
やる価値は充分にあると思う。


3回の施術でも7割ぐらいの髭が
生えてこなくなりました。(勿論個人差あり)



髭でお悩みの君。もしくはドMの君。
是非検討してみては?

街コンに参加したらイケメンに持っていかれた話。

某日曜日。

雨天で特にすることがなく暇をもて余す。


ジムに行こうかと迷ったが
絶賛筋肉痛で行く気がせず。



そうだ。街コンにいこう。

すぐに軽いノリでサイトをポチる。



昼過ぎに名駅へ。
会場へ到着。



今回は1人参加のため、若干緊張。



相方となる男性が既に座っている席へと
案内され、お互いに挨拶をする。


あれ。

めっちゃ高身長イケメンの好青年(^○^)



ほんまに彼女おらへんのってぐらいイケメン。

f:id:chansou7878:20190907224321p:plain


野村周平に似ていた


年齢聞いたら2個年下。
彼女はしばらく居ないらしい。(ほんとか?)


愛想も良くて、職業も公務員。
本日の男性人気株になることは間違いない。


相方がイケメンの方が僕もやりやすい。
是非ともおこぼれを頂戴したいものである。


そうこうしている間に女の子も続々と集まり
街コンがスタート。


男女比半々の優良街コンだった。



以下話した女の子達の特徴
(見た目は1~10で数値化)



1組目 金融OL 2人とも23歳

左:5.0 右4.5

話しやすい二人で非常に盛り上がった。
たぶん性格すごくいい。
個人的には話してて一番楽しい。


2組目 事務 2人とも25歳

左:5.0 右: 4.0
あんまり印象ない。
左の子が家が近くだったくらい。


3組目 歯科衛生士 左23 右26

左:5.5 右: 3.0
会社の先輩後輩。
後輩は連れられて来た感じ。
先輩の必死感がひしひしと伝わってきた。


4組目 介護士 24

1人参加 3.0
完全なコミュ障で疲れた。


5組目 事務職 2人とも28

左:2.5 右3.0
興味なし。


6組目 事務職 左28 右29

左右2.5
さらに興味なし。


7組目 保育士 2人とも22

左6.5 右6.0
間違いなく今回の街コンの中での大当たり。
2人とも若くて可愛い。



意外と恋愛経験が少なく擦れてない感じもいい。
そこそこ盛り上がる。




終了。


可愛い子は少なかったものの
まあこんなもんでしょ。


全体的にイケメンが上手くフォローしてくれたので
とてもトークがやりやすかった。


退店後、1組目の子達に声をかけられ
カフェで少し話して解散。


イケメンには既に数件のLINEが来ていた。
そのなかには、7組目の子達も。。


「もし、今度よければご飯いきませんか。」
「気になったのでLINEしました。私のこと覚えています?」


うわ、、めっちゃ食いついてる。
こんなLINE今まで見たことないぞ。


その瞬間に7組目の子達への関心は消えた。


羨ましいなと思うと同時に、
誰からも連絡の来ないスマホの画面を
見て切なくなった。


いや、だめだだめだ。
何もしなくてもモテるのはイケメンだけ。
自分から行動しないと。


ということで
1組目の左の子と3組目の左の子にLINEをする。


ご飯にいく約束をこぎ着けた。


とりあえず僕は僕の土俵で勝負しようと
心に固く誓ったのだった。

18の僕が淡い恋をした話

思い出話。



今年の盆休みは実家(地方)に帰省をしていた。




気分転換に部屋の片付けをしていたら
机の中から「学業守」の御守りを見つけた。


遠く離れた湯島天神の御守りだった。



御守りを手にとり、記憶を遡る。




思い出した。




これは僕が買ったものではない。
大切な人から合格祈願に貰ったものだ。



もう何年も前の話になるが、
18歳の頃の淡い思い出がある。



会ったこともない君に恋をした話だ。





----------------------




18の春。




同級生達がスーツを買い、
胸を弾ませながら大学の入学式に参加している頃。

僕は目の前の参考書と向かい合っていた。



受験戦争に敗れたことで、浪人生というレッテルを
貼られ浮かばない生活を送っていた。



人生初めての挫折。
ひたすら勉強尽くしの毎日で
満たされない日々を過ごしていた。


幸い、周りに浪人仲間も何人かいたので、
気を病むまでは行かなかったものの、


夜になるとどうしようもない
寂しさと虚しさに襲われた。



そこで安直だったがネットに救いを求めた。



@メル友



僕が使っていたメル友サイトだ。


当時はマッチングアプリジモティーなどもなく
メル友募集の掲示板が少し流行っていた。

※調べてみたらまだサイトは残っていた。



掲示板に受験仲間のメル友を募集かけた。



そこで募集を見てメッセージをくれたのが
「はるかちゃん」だった。


はるかちゃんは僕の1個年下で高3の代。


サイト内でメッセージのやり取りが始まり、
お互い初めは遠慮しがちであったものの
第一志望が同ランクの大学だっため意気投合した。



すぐに直メールに移行して毎日のラリーが始まる。


メールのラリーをしていくなかで
彼女の文面に大きな違和感を感じた。
そりゃそうだ。


彼女は東京に住む高校生だった。


今となっては何の違和感もないが、
方言で訛りまくっていた18の僕にとって
標準語は物凄くヘンテコな文面に見えた。


東京の人と話す機会なんて滅多になかったので
勉強以外にも沢山の話をした。


乃木坂46の握手会に行った話や
竹下通りで偶然芸能人と逢った話など。


田舎者にはどの話も斬新で刺激的で
都会に住む彼女がキラキラして見えた。


その頃からだろうか。
東京に強い憧れを持つようになったの。



まるで「君の名は。」の三葉と瀧の様だが、
勉強以外やることがなかったので
メールのやり取りが何よりも楽しみだった。



あっという間に夏が過ぎ、秋になった。



お互い完全に受験モードに入る。



メールをする時間を減らすために、
2人でルールを作った。



・基本のやり取りは1日1通ずつのラリーのみ
・ただし毎週日曜の夜22時から30分間だけ電話でお互いの近況を報告する



彼女とのメールが減ってから寂しかったが、
週に1度の電話を楽しみに我武者羅に勉強した。



冬になった。




入試まであと少し。



彼女は少しだけ精神的に不安定なところがあり、
模試の結果が悪かった時や自信を無くした時に
電話で急に泣き出してしまうことがあった。



その度に絶対合格しようとお互いを励ましあう。



彼女のことを放っておくことができなかった。


今思えば、メル友の関係から少しずつ僕にとって
愛しい存在へと変わっていった。


ネット恋愛なんて勿論したことがないし
自分でも認めたくなかったことだったが、

1度も会ったことのない彼女のことが
好きになっていた。



年が明ける。
彼女からあけおめメールと共に、
郵便番号と住所を聞いてきた。


年賀状を送ってくれるのかなと思っていたが
違った。


湯島天神で2人分の御守りを買ってきてくれて
その御守りを郵送してくれたのだ。


これをお互い鞄につけて合格を目指そう。


そんな話をした。



第一志望の受験の前日には、
お互いゲリラ的に電話をかけあって
エールを送り合うというルール破りもした。


お陰でリラックスして入試に挑むことができた。



結果、お互いが第一志望の大学に合格。



お互い合格報告をした時、電話越しに
2人とも感極まって号泣してしまった。



その際、勇気を振り絞り、震える声で
彼女のことが気になっていると伝えた。



嬉しいことに彼女も同じだと言ってくれた。



2人の想いが同じであったことを共有できただけで本当に幸せな気分になった。




そして春がきた。大学1年の4月。
遂に上京することに。



やっと彼女が住む街、東京に来ることができた。



その後も彼女とのやり取りは続く。


その頃はガラケーからスマホに買い換えたことで
LINEでトークするようになった。



東京のことについて何も知らなかったので
おすすめのカフェやラーメン屋を
沢山教えてもらった。



その他にも
入学式や学食の写真を交換したり
どのサークルに入るか相談したり
カッコいい先輩や美人な先輩の話もした。


再び毎日連絡を取るように。



ただ、物理的な距離は近づいたのにも関わらず
会ってみようと誘うことはできなかった。


会ってしまうことで
今の関係が崩れることが何よりも怖かったのだ。



自分に極端に自信がなかった。


会ってみたい。あわよくば彼女にしたい。
でも会って嫌われたらどうしよう。
そもそも会ってくれないんじゃないか。



ネガティブな自分が邪魔をした。



会いたい気持ちをグッと押さえ込んだ。




大学1年の夏になる。


彼女はいわゆるイケてるテニサーに入った。
髪は明るくなり、服装も派手になった。


陰キャだった自分とは違う世界に行った気がした。


僕もサークルに入り、バイトを始めたりして
自然とLINEの頻度も減ってきた。



暫くしてはるかちゃんには彼氏ができた。



彼氏が出来て悔しくなかったかと言われれば
嘘になるのだが、
彼女の幸せが自分事のように嬉しかった。


気を使った僕が連絡を控えたことで
疎遠になる。



僕にも恋人が出来たりして
少しずつ彼女のことが頭から薄れていった。





時は過ぎ、
大学4年の5月。


そう、就活シーズン。



急に彼女から連絡が来た。



就活の相談だった。


話を聞いてみると、面接やエントリーシート
上手くいかなくて落ち込んでいるとのこと。


まるで4年前のあの頃と同じように
彼女は弱気になっていた。



全然成長してねえじゃないかと思いながらも
なんだか昔の僕らに戻ったような気がして
正直嬉しかった。


電話をして、お互いにエールを送りあって
直ぐにやり取りは終わった。




また暫くの時が経った。
卒業式を控えた3月。



彼女から卒業できるの?と連絡がきた。


直ぐに電話をかけてお互いの近況報告をする。


彼女は高校生の頃から目指していた
大手旅行会社に就職するらしい。


お互い働く場所がちゃんと見つかって良かったねと
笑いながら話をした。



1時間ほど電話をしてやり取りは終わった。


仕事で辛いことがあったら愚痴り合おうね。

なんて話をして電話を切ったことを
鮮明に覚えている。



それが彼女との最後のやり取りとなった。





それ以降彼女から連絡が来ることは
1度もなかった。



反対に僕からも連絡はしなかった。










いや、嘘だ。




仕事で落ち込んだ時、
1度だけ彼女にLINEをした。


だか、そのメッセージには既読がつかなかった。


ブロックはされていなかったので、
非表示にされているか、
アカウントを変えたかのどっちかだろう。



アイコンがずっと変わっていないので、
後者だと願っている。



連絡を取れなくなったことはとても哀しいが、
彼女自身が僕の助けを必要としないぐらい
強くなったんだと自分に言い聞かせた。



もう彼女に電話するもLINEすることもない。
永遠の別れである。



吐き出すことのできない彼女へのメッセージを
最後にこのブログに書き留めておこうと思う。




はるかちゃん
元気にしてますか?仕事上手くいってる?
僕はなんとか元気に頑張ってます。



願わくば。


僕があの御守りを見つけて君を思い出したように
君も御守りを見て、ちょっとでもいいから
僕のことを思い出してくれたら嬉しい。





-18の僕が淡い恋をした話。fin-

彼女探しの旅 ~ななみちゃんとのデート

最近雑記ばかりだったので、
恋活ブログらしい記事を投稿。


彼女探しの旅として連載していくつもり。



以前参加した街コンで知り合った子と
デートしてきた。
※お持ち帰りした子とは別の子。



街コンの記事はこちら。

kakusyakaijin.hatenadiary.jp





アポ相手のスペック


名前: ななみちゃん(仮)
年齢:25歳
容姿: 5.5(10段階中)
職業: OL
性格:おっとり、不思議系



雰囲気は、桜庭ななみに少し似ていたので
以降ななみちゃんとする。

f:id:chansou7878:20190825105539j:plain



街コンのバーカウンターで声をかけて
連絡先交換した一人だ。


LINEのテンポもよく、
すんなりとアポが決まった。


お互い夜の予定が埋まっており、
ランチデートに。



1回目のアポがランチだと
お店探しがめんどくさいものの
出費もかからないので非常に助かる。



某日曜日の12時半に名駅に集合。



ちゃんと時間通りに来てくれた。



街コンの時は、綺麗めな服装だったが
今回は可愛らしいワンピースを着ていた。


街コンからそれほど時間は経ってないが
ななみちゃんは少し緊張しているようだった。


街コンの時はアルコールも入っていたからか
ノリが良かったが普段は結構大人しいらしい。




今回、使うお店はこちら。

Cafè&Bar il Bamboccio

tabelog.com




チカマチラウンジにあるイタリアン。



名駅から若干離れているため、土日の昼時でも
混んでおらず、ゆっくりできるのが嬉しい。
(ランチタイムの名駅の混雑具合は異常。間違っても初デートでゲートタワーはやめましょう。)


ここのお店に来るのは3度目。


ランチのコースも1600円ほどでお手頃。
ボリュームもあるし、店内の雰囲気もオシャレ。

f:id:chansou7878:20190825015923j:plain


f:id:chansou7878:20190825015947j:plain



コースはパスタかピザが選べるので、
それぞれをお互いが注文して、
シェアすることをお勧めする。


コースを食べながら、街コンについて振り返る。


前回の街コン参加者の中では可愛い方だったので
モテるだろうなとは思っていたが、
やはり何人かご飯に誘われたらしい。


ただあまり興味がなく、うまく断ったらしいが。



僕とはあまり話せなかったため、
もっと話してみたいと思ってくれていたらしい。




うん。はじめの食い付きとしては悪くない。



そこから軽ーく仕事の話をして、
恋愛事情について話す。


1ヶ月前に遠距離の彼氏と別れたらしい。
僕も遠距離恋愛の経験があるため、
共有スペースが広がる。


話していくうちに、向こうからの質問も増え
非常に好感触。料理も気に入ってくれたようだ。


1時間ちょっと話して退店。



お互い次の予定まで時間があったため、
一緒に買い物へ。



仕事で使うボールペンと新しい名刺入れを
選んでもらった。



僕は女の子と買い物に行くのが苦手なのだが、
会話が途切れずに自然体でいることができた。


ブラブラしているうちに
次の予定の時間になったので解散。



解散後向こうからお礼のLINEあり。
次のアポも決まった。



礼儀正しいところも好印象。



かなり食い付きもあがったと思うので
次のアポも頑張りたい。




まだまだ旅は続く。


名古屋に住んでみて不満に思うこと

前回、名古屋の良いところについて紹介した。

kakusyakaijin.hatenadiary.jp






今回は反対に名古屋に住んでみて
不満に思ったことを書きなぐる。

1.やっぱり魅力のない都市である。

名古屋は魅力のない都市ランキングで
いつも上位なのは有名ではあるが、
本当に地味な街である。


観光地が名古屋城しかないことは勿論のこと
駅付近で遊ぶ場所も全然ない。


店が閉まるのも早いし、終電も早い。



栄や名駅付近は東海地区随一の繁華街
なのにも関わらず、
大学生の溜り場ROUND1すら無いのだ。


金土でも終電が終わると街は閑散としている。



名古屋人に名駅で何して遊ぶのかと聞いてみた。



95%ぐらいの確率で
買い物!ランチ!映画!ショッピング!飲み!
しか返ってこなかった。



前回の記事にも書いたことだが、


初めて名古屋に来た時に
カフェや居酒屋などの飲食店やアパレルショップの
充実具合に驚いたがそりゃそうだ。


食べるか、映画見るか、買い物するしか
やることないからね。


暇になったらとりあえず
カフェに入ろうとする。



だから土日のカフェの混雑具合は本当に異常。


駅付近は大抵並んでいます。


てかカフェ行くんだったらわざわざ名古屋来る
意味なくね?


名古屋人ですらやることないんだから
勿論観光客は来る必要ないからね。


というか観光するところがない。


じゃらんの名古屋観光地ランキングの7位が
駅直結のジェイアール名古屋タカシマヤである
時点で察してほしいものである。



名古屋に来るぐらいなら岐阜や三重を観光しよう。
岐阜の高山、三重の志摩辺りは本当におすすめです



2.商売をやるのが非常に難しい土地である。

名古屋の経済は良くも悪くもTOYOTAによって
成り立っています。


大勢の人がTOYOTA関係の会社に勤務し、
トヨタカレンダーに準じて働いている。
(彼らによると祝日は出勤日らしい。)


出会いの場に行けば必ずと言っていいほど
自動車関係の仕事を自慢げに語る
モテなさそうなメンズに出会う。


彼らにとってTOYOTA系列はステータスなのだ。
(未だ本社の人間を見たことはない。)


しかしながらTOYOTAによる経済効果は絶大。
TOYOTAがあるから名古屋は繁栄できた。



TOYOTA以外はどうなのか。


元より名古屋人はモノや食への拘りが強く、
他エリアから伸びてくるチェーン店に負けずと
地元に根付いたドミナント企業が多く存在する。


その一方で名古屋から全国に発信しているチェーンて意外と少ないんだよね。


がんばって全国でシェア広げているのは
コメダ珈琲スギ薬局CoCo壱番ぐらい。



全国の市場が飽和していく中で、
ドミナントの企業がシェアの多くを占める
名古屋エリアは格好の草狩り場となります。


立地的にも愛知は日本の中心。
近年、東京や大阪から多くの企業が
名古屋に出店を進めている。


そんな流れもあり名古屋の県民性も
少しずつ変化し、流行に敏感になってきた。


皆が新しいものを求めるようになりました。


僕のように名古屋の企業を担当する営業マンは
他エリアからの攻勢に対してシェアを守りながら
更に数字を伸ばしていく必要がある。


また観光地が少ないため、京都や大阪のように
外国人や旅行客もお金を落としてくれない。



だからこそ名古屋で商売するのは難しい。


2027年のリニモ開通により、
名古屋はより繁栄すると言われている。


しかしながら僕は今の名古屋を見て
そうは思わない。



3.名古屋人の地元愛が強すぎる。

名古屋人はみんな名古屋が大好きだ。

大抵の人が一生名古屋から離れたくないと言い、
県外の大学へ行ってもほとんどが
就職で戻ってくるらしい。


所有車のTOYOTA率も高いし、
みんな「つけて味噌かけて味噌」を愛用している。

f:id:chansou7878:20190819232705j:plain



確かに名古屋は住みやすいし便利だ。
食文化も多様だし、TOYOTA車は乗りやすい。
だけどただそれだけ。


地元志向が強すぎる人とは反りが合わないし、
結婚したいと思わない。


僕転勤族だし。


偏見かもしれないが、
少なくともこの2年間で僕が出会ってきた女性とは
将来を考えることができなかった。


東京から名古屋に転勤してきた人にとって
同じ違和感を覚える人は多いと思う。


4.まとめ


良いところ、悪いところそれぞれあるが

確実に言えることは住みやすく便利な街である。


夏は暑いが、雪は降らないし雨も多くない。
東京や大阪も近い。






だけど




椎名林檎は東京は愛せど何もないと言ったが
僕にとって名古屋は愛せず何もない。

名古屋に住んでみて良かったこと

名古屋に配属されて早2年が経った。

f:id:chansou7878:20190816193507j:plain


あんなに嫌だった名古屋生活も慣れれば
楽なものである。


折角なので、車なし単身者である僕が
名古屋に来て良かったと思うことを
羅列していこうと思う。


悪いところについてはまた今度。




冒頭にお断りを入れさせていただくが、


名古屋はあくまでも家族連れや地元民にとっては
居心地の良い地方都市であり、


僕みたいな転勤族の単身者が一人暮らしで
住むべき街ではない。


遊ぶ場所が沢山有るわけでもなく、
子育てがしやすい住み良い街だ。






1.交通アクセスがよく、市内での移動がラク


名古屋市内にはJRや名鉄の他にも
4本の地下鉄が通っており、市バスの運行も多い。

車なしの僕でも市内なら移動ストレスは
非常に少ない。


転勤族が多く住む東区、千種区名東区
停車駅がある東山線に関しては驚くことに
4、5分に1本電車があるのだ。


混雑もしないので東京よりも便利かと。


また、大抵の企業は栄、伏見、名駅にオフィスを
構えてるので、通勤も非常にラクな都市といえる。


2.日本の中心にあるため旅行がしやすい

地理的な利点だか、日本の中心にあるため各地へ
旅行がしやすい。


僕も日本各地へ旅行に行くことが増えた。


また、東京や大阪にも近いため
出張のストレスも少ない。


低運賃で移動できるため、
金曜の夜に気軽に遊びに行くこともできる。


ただ注意しないといけないのが、
飛行機を使う場合だ。


ほとんどがセントレア空港を利用するため、
空港まで名鉄を使うことになる。

f:id:chansou7878:20190816193256p:plain


この名鉄に問題がある。
名鉄名古屋駅金山駅から空港行の電車に
乗ろうとしても、
案内が不親切で分かりづらいんだよね。


名鉄自体が色んな路線が乗り入れており、
異なる路線の電車も分単位でどんどん来る。


勿論、特急や快速、普通電車もある。


乗り換えアプリなどを使っていても
どの電車に乗れば良いのか非常にややこしい。


電車を待つ際のホームでの並び方もよく分からん。
僕も名古屋に来た当初何度間違えたことか。


旅行者とか外国人が困ってる風景を
何度も見てきたので、
是非とも改善をお願いしたい。



3.欲しいものは名駅・栄で大抵揃う。

名古屋はコンパクトシティ
商業施設の殆どが名駅・栄付近に密集している。


セレクトショップもほとんど網羅しているので、
服も靴もインテリアも駅から歩いて数分で
全て揃えることができるのだ。


このくそ暑い時期にほとんど歩かなくても
買い物を済ませることができるのは
名古屋の大きな魅力である。


また、飲食店も非常に多いので、
飲み会やデートに困ることは殆どない。
お洒落なお店も多く、レベルが高い。


名古屋人は買い物やお茶することが大好きなので
満足度は非常に高いだろう。
(反対に買う、食べることしかできないのも名古屋の街の特徴です。)



4.台湾まぜそばが美味しい。


名古屋には名古屋メシという味の濃い
食文化が存在します。

味噌カツとかひつまぶし、味噌煮込みうどん
きしめんあんかけパスタ手羽先等
聞いたことがある人も多いと思う。


f:id:chansou7878:20190816193226j:plain


僕はそんな名古屋メシは苦手。
塩分量が高く顔が浮腫みます。値段も高い。


また、味噌の味にも本当に飽きる。
赤味噌の味噌汁は2度と食べたくない。


矢場とん」という味噌カツの有名店がある。

f:id:chansou7878:20190816194239p:plain

人気メニューに
わらじトンカツ定食(1,600円)っていう
肉のクオリティの割に割高な定食があるんだけど、

半分のカツにソース、
残り半分に味噌がかかっている。

f:id:chansou7878:20190816192655j:plain



僕は何度食べてもソースの方が美味しいと思う。

同じこと思っている人居ないかな?



そんな味濃い名古屋メシの中で唯一ハマったのが
台湾まぜそば



「麺屋 はなび」の台湾まぜそばが一番好き。


www.menya-hanabi.com


f:id:chansou7878:20190816192726j:plain


モチモチした極太麺とピリ辛台湾ミンチ
堪らない程クセになる。うまい。


まぜそばらしく、ラー油や唐辛子、酢などで
味変させながら食べるのがおすすめ。


麺屋 はなびでは、追いメシが無料なので
(残ったタレにご飯レンゲ一杯分をいれて掻き込む)
お腹いっぱいになります。


僕は+110円で追いキムランを注文しています。
(レンゲ2杯分のごはんと卵黄とキムチがつく)
※全店でやってるのかは不明。



名古屋に立ち寄った際には是非食べてほしい。










以上が名古屋の良いところ。



付近の県に観光地が多いとか
子どもが中学生になるまで医療費無料など
他にも良いところは沢山ある。


しかしながら車なし単身者の僕には、
そんな恩恵は得られない。


転勤者や地方から進学してきた大学生にとっては
住みやすくて便利な街といった印象止まりだと思う。
遊ぶ場所が極端に少ないからね。



家族ができれば考え方も変わるだろうけど。



このブログを読んだ貴方自身が進学や転勤などで
名古屋に住むことになった場合、


何よりも利便性に特化した都市だと
割りきって生活してほしい。


東京大阪に次ぐ第三の都市だと思って、
楽しい新生活を期待すると痛い目に合うので。


名駅や栄も再開発が進んでいるので、
もっと魅力的な街に変わることを願っている。

街コンで女の子をお持ち帰りした。

恋を探しに名古屋の街コンへ行ってきた話。

f:id:chansou7878:20190814222745p:plain



※街コンてなんぞや??という方は
是非僕の旧ブログを見てほしい。

chansou7878.hatenablog.com



そんな暇ねえよって方に簡単に説明。


運営と提携した飲食店で開かれる地域限定の
大人数合コンの様なイベント。


街コンジャパンなどのポータルサイトを利用して
男性が6000円~8000円 女性が1000円~3000円
ぐらいで参加することができる。


machicon.jp



URL載せたけどアフィリエイトではないので
どうかご安心を。


街コンが大好きなので、
かれこれ 15回くらい参加した。
(最近は全然良い出会いがないけどね。)



夏になり、真剣に彼女が欲しくなったので
友人と一緒に参加してみた。




今回参加した街コンの詳細
【時間帯】週末の夜 約2時間半
【場所】名古屋駅付近
【人数】100名規模
【形式】着席形式
【年齢縛り】20代限定




名古屋の街コンで100名規模も集まるのは
非常に稀である。


それだけ若い男女が夏の出会いを欲しているのだ。




------------------


友人と名駅で待ち合わせて会場へ。
受付には、既に長蛇の列が。


100名規模だとこうなるのね。


しばらく待って入店しようとすると
受付の綺麗なねーちゃんが近づいてきて、
申し訳なさそうに切り出した。


「本日、男性の方が多く、1名で来られた方の相席をお願いできませんでしょうか。」


僕は一瞬怯んでしまったが、直ぐに友人が
3人だと正直話すのが苦手だと断ってくれた。
ほんと、助かった。


というか
ぶっちゃけこれって運営の傲慢じゃないか。
営利目的で必要以上に男性を呼ぶからこうなる。



3人だと1人辺りの話す時間も短くなるし、
何より男性内で連携が取りづらい。



1人参加同士でくっつけてあげた方が
やりやすいと思うし。



ここは、ふれあいの場ではなく戦場だぞ?


ある程度高いお金を出して参加しているんだし、
運営の方にはそういった配慮をお願いしたい。



そんなこんなでイベントがスタート。



1組目話す。20分経つ。席移動。
2組目話す。20分経つ。席移動。
3組目話す。20分経つ。席移動。
4組目話す。20分経つ。。。。。




うん。




微妙だね(^q^)



4組が終わった時点がかなりオワコン。
可愛い子も少ないし、会話がめんどくさい。


何がめんどくさいって、
女の子みんなアラサー。


いや、アラサーなのが悪い訳ではないんだけどね。
場馴れし過ぎてるのが嫌でも伝わってくる。


結婚感とか仕事内容グイグイ聞かれても
困るし、こちらが年下だと分かった瞬間に
態度が悪くなる。


こちらに魅力がないからと言われれば
それまでになるけど。


イケメンがいないか周りをキョロキョロしてるし
いい歳した女がギラギラ品定めしているのが
もうほんと痛々しい。


20代限定街コンなんだから、
若い人達メインなことぐらい
分かってて参加してるのかね。


大人の女性らしく落ち着きや余裕があれば、
もっとモテると思うけどなー。


ま、それが出来ないから残ってるんだろうけど。


ほんとに婚活したければ、
ニーズを考えてもう少し上の年齢層の
街コンに参加した方がいいと思う。
(20代限定だと圧倒的に若い子が強い。)




そんなこんなで
本来であれば惨敗の流れだったが、
今回は参加人数が多すぎて
バーカウンターにドリンク待ちの列が。


f:id:chansou7878:20190814221255j:plain
※イメージ



行列の最後尾に
可愛い女の子が退屈そうに立っている。



ここだと言わんばかりに活路を見出だす。



目の前のドリンクを飲み干し、
ドリンク待ちをしている女性に話しかける。



オープン\(^-^)/


その後も、可愛い子が並んでるのを見つけるや
否やドリンクを飲み干して列に並んだ。


そして、話しかける。



Hubでナンパしていたので要領は分かっている。



こっちの方が圧倒的に楽しかった。


ただ今振り返れば、
目の前の席に座っていた女の子達には
申し訳ないことをしたと思っている。



街コンが終わり退席の流れに。



列待ちの時に話した子を見つけては
声をかけ、LINE交換を繰り返す。



向こうから、交換しに来てくれた子もいた。




周りの男子からの視線が痛かったよ。



一通りLINE交換が終わり会場を出たところで、
先ほど交換した子のグループが
男に絡まれていた。



二次会に行こうと誘われている様子だが
明らかに嫌がっている。



友人とアイコンタクトを取り、アモッグを狙う。



「お待たせー! じゃあ2次会いこー。」
瞬く間に2人を引き抜くことに成功。
(何気に初アモッグかも)




男達が何か言ってきたけどスルーした。



その後に女の子に男から鬼電が来てたらしい。
強引なのは怖いからやめようね。



女の子達にはものすごく感謝された。




二次会で楽しく飲んだ後は、
片方をセパレートして、タクシーに乗り込む。


ホテルに行って、にゃほにゃほしましたとさ。




今回上手くいった要因について、
にゃほにゃほした子に聞いてみたところ


バーカウンターでの行動が大きかったと。
スマートに話しかけたのが好評だったらしいし、



退席の際に僕がLINE交換を
お願いされている場面を見かけて、
少し妬いてしまったと言われた。
f:id:chansou7878:20190814221430j:plain



やっぱり他の女性からも人気な男性に
女の闘志は燃えるんだと思った。



筋肉のことや日焼けも褒めてくれたので、
更にモテを追求するべく
男磨きをもっと頑張る。